暮らしの支援環境

浜松就職ナビ「JOBはま!」   /   浜松で働こう!   /   暮らしの支援環境
浜松市の保育・子育て・教育

子ども・子育て支援新制度

平成27年度から「子ども・子育て支援新制度」がスタートしました。幼稚園と保育所の機能をあわせ持つ「認定こども園」の活用で子どもの育つ環境を継続しやすくするなど制度の見直しがすすめられています。
保育施設の利用には、認定を受ける必要があります。就労や求職活動などの事情で施設の利用を希望する際は、施設に入園申し込みをするとともに、支給認定(2号・3号)の申請も行います。
【子ども・子育て支援新制度(内閣府)】

また、新制度に移行していない従来型の私立幼稚園に子どもを就園させている世帯には、条件を満たせば、保育料等の減免(補助)が適用されます。浜松市私立幼稚園協会のHPなどで詳しい情報を確認できます。
【浜松市私立幼稚園協会】

手当・助成

保険診療にかかった医療費の一部を助成する「乳幼児医療費助成」「小・中学生医療費助成」や、次代の社会を担う子どもたちの健やかな育ちを支援するために支給する「児童手当」などがあります。区役所の社会福祉課にお問い合わせください。
【区役所・社会福祉課】

なお、協賛する店舗や施設で、特典・優待が受けられる「しずおか子育て優待カード事業」が、平成28年度から全国で利用できるようになり、ますます便利になりました。
【しずおか子育て優待カード(子育て支援パスポート)事業】

便利な情報源

はままつ子育て情報サイト「ぴっぴ」では、子育て関連施設マップや、各種の手当・助成の詳しい説明など、保育・子育て支援に関する情報を総合的に紹介しています。
【はままつ子育て情報サイト「ぴっぴ」】

浜松女性応援プロジェクト「はま女」では、フルタイムの正規社員として働きたい女性にも、子育てや職場環境を重視しながらパートタイムで働きたい女性にも役に立つ情報提供や、セミナー・イベントを開催しています。
【浜松市 女性就労支援事業 浜松女性応援プロジェクト】

幼稚園・学校一覧や通学区域、奨学金など教育に関する各種情報は、浜松市のHPで案内しています。
【浜松市】
浜松市の医療

先駆的な「地域医療の理想モデル」

浜松市と浜松市医師会は1974(昭和49)年から、開業医と総合病院が連携して夜間救急に対応し、「24時間365日、いつでも救急医療が受けられる体制」の構築にあたってきました。「浜松方式」の名で広く知られるこの仕組みは、地域医療の理想的モデルとして、全国で参考にされています。他にも、日本で初めて導入されたがん検診システム「遠隔デジタル検診システム」(開業医などが診た検診画像をインターネット経由で浜松市医師会に送り、2人の専門医が読影した結果をスピーディーに返すもの)など、全国有数の先進的な医療体制で、市民の健康を見守っています。

医療情報検索

浜松市の防災

災害への備えも充実

津波の発生に備えた防潮堤や避難ビルの整備、公共施設の耐震化など周到に対策しています。また、ハザードマップや災害時緊急通知サービスなど、情報発信にも力を入れています。
【浜松市 防災ホッとぼっくす】

防災ホッとメール

携帯電話などに、災害時の緊急情報、地域情報、気象情報などを電子メールで配信するサービスです(登録無料)。
【浜松市 防災ホッとメール】

防災アプリ

緊急避難場所・津波避難施設・避難所・応急救護所を確認する防災MAP機能の他、区版避難行動計画による防災学習などにも使うことができるアプリです。外国語版(英語・ポルトガル語)も用意されています。
【浜松市 防災アプリ(スマートフォン用)】

浜松市土木防災情報システム

台風などの大雨時に、河川水位や雨量計の情報や、河川ライブカメラ映像を確認して、避難の判断の参考にできるシステムです。
【浜松市土木防災情報システム】
防潮堤